菊見せんべい Kikumi senbei★四角いアイツ Stylish square

【菊見せんべい総本店】
Kikumi senbei souhonten

🌐菊見せんべい総本店

Japanese confectioners
SQUARE Rice crackers, Retro Architecture

老舗の煎餅店
映画のセットのような外観が目を引く
お煎餅が四角いのが特徴
(ig2018.07.01)

📍map

★すべてのマッピングはMon MAP

千代田線千駄木駅を背にさんさき坂を登ると左手すぐに現れる。創業は明治8年だが、レトロな店舗の軒先に座るとさらにタイムスリップして江戸時代のお茶屋さんにいるような気分を味わえるような?

店名についている「団子坂」はここの地名(今は交差点の反対側の坂の名前)なのだが、「だんご」とか「せんべい」とか何かと美味しそう。菊見という名前も昔からこの地では菊人形が有名だったことから名付けられたらしい。現在もさんさき坂並びの大圓寺にて毎年秋に「谷中菊まつり」を開催しているので、ここでお煎餅を買って菊人形を見るというコースは「正しい谷中散策」と言えるかも。

谷根千にはいくつかお煎餅屋さんがあって、それぞれ個性的だ。ここは「四角いお煎餅」が特徴のひとつ。この四角が妙にスタイリッシュに感じられる。その昔、近所に住んでいた文豪たちもお気に入りだったそうで、東京・谷根千の話題が広がりそうなお煎餅は箱に詰めて帰省のお土産としても人気がある。

その他、知っている人は知っている「ハッピーターンの元祖?」という変わったお煎餅や、「お煎餅屋さんなのにパンを売っている」(売っていない時もある)とか、まるで都市伝説のような話題がたくさん出てくるお店。
真相は現地で確かめてください。

●お煎餅は四角いが看板は丸い

●甘かったり、辛かったり、白かったり、緑だったり

●最初の食べ歩きにピッタリの小さめ四角(写真はしょうゆ60円)

●ベンチの上には英語の説明書